女子SPA!:2022年12月15日掲載

両親から“1000万円の借用書”を渡されガク然、それでも止まらない親に絶望


 子どもは親を選べないことから、「親ガチャ」という言葉すら登場する昨今。親の生き方で子どもが苦労をしたり害を被ったりすると、「なぜこんな親に生まれてしまったのか」と運を恨むこともあるかもしれません。

 今回取材した山崎さん(仮名・51歳)も、両親によって苦労を重ねてきた一人。親の、納得いかない、理解できない言動についての悩みを聞いてみました。

写真はイメージです。(以下同じ)

謎の外国人の言いなりになる両親

 山崎さんの家は、自営業で暮らしを立てていました。曽祖父の代からの会社で、父親はいわゆる三代目社長。経営も安定しており、子どもの頃は何不自由なく暮らしていたそう。

「厳しくもなく、ゆるくもない、よく言えば放任主義な家庭。父は子育てに無関心で、どちらかというと、子育てポリシーがなかったという感じです」

 ところが、ある時期から、両親が謎の人物に傾倒し始めます。

「突然、とある国の外国人の男性についての話が、家庭の会話に増えてくるようになったんです。もともと、父はビックマウスな傾向があり夢見がちな人で、『簡単に儲けられる』的な話にはすぐ乗るタイプ。しかも母も怪しいものをすぐ信じてしまう人で、両親ともにその外国人男性の言いなり。

 食べる物もその人の信じる宗教の影響を受けたり、『娘さんの体が悪いと言われたから』と、私に謎のクリームを塗ったり……。具体的なことはわからないのですが、その外国人男性を教祖的に崇めているように見えて、娘として、ちょっと『これはヤバいんじゃないか』と思いましたね」

両親のとんでもない強行に、妹は絶縁

 それから山崎さんは社会人になり、地元を出て仕事をすることに。そんな時期に、ついに両親からとんでもない連絡を受けたのです。

ある日、実家に帰ると『例の外国人の男性にお金を渡したいから』と、1000万円の借用書を私と妹に出してきました。私たち姉妹は驚愕。『ありえない!』と突き返しましたが、よくよく話を聞いてみると、すでに母の実家にも何百万円もの借金をしていたんです」

 さらに、両親の外国人男性への傾倒は止まらず。ついに妹の夫の実家にまで借金の伝手として、手を伸ばし始めました。

「妹の夫の実家に借金の話を持ち掛けたことにより、先方は不信感をあらわにするように。妹夫婦の間もギクシャクし、ついに離婚という結果になってしまったんです。妹はこの一件で両親とは絶縁しました」

水に流しても消えないモヤモヤ……

 その後、両親の会社は倒産し、バイト生活を送ることに。しかし、父親が病で急死。山崎さんは父親の遺品整理をしている時、スマホに恐ろしいメモを発見しました。

「どうやら、外国人へ献金をしてくれそうな人のことを表すような隠語を発見したんです。さらに見ていくと、借金の当てにできそうな人のリストもありました。さすがにこれはドン引きでした。母親に『これ以上、他人に迷惑をかけるな』と説教し、もうお金を借りないよう誓約書を書かせました」

 結局、この出来事により例の外国人男性と縁を切らせ、過去の諍いも一旦水に流すことになりましたが…。

実は、今でも怪しいものにハマる癖は残っていて、今度は謎の“水”にドハマりしていて。私の家にも強制的に送られてきたのですが、また誰かに迷惑をかけないか、不安です。元商売人なのに、楽にお金を稼ぎたいと思っているようで……。

 過去に対しての怒りは正直まだありますが、怒り続けても自分がつらいだけなので、今は仕方ないと割り切っています。今後親とどう付き合っていけばいいのでしょうか……」

恨みきれない親との付き合い方、専門家の見解は

 山崎さんの悩みについて、親子関係心理学の専門家で、著書に『親子の法則人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』がある三凛さとしさんにアドバイスを聞きました。

「まずは自分が親との関係をどうしたいかについて、はっきりさせましょう。どちらにしても、無理して付き合い続けるか、スッパリ縁を切るかの2択です。親の人生と自分の人生は別。親の価値観や性格自体は今後も変わらないので、ありのままの親と付き合えるかどうかを、自分と向き合って考えてみてください」

 また、「親の言動に対してネガティブに捉えすぎている可能性もある」と三凛さんは言います。

「自分の親が他人に迷惑をかけることを『恥ずかしい』と思うかもしれません。とはいえ、客観的に見れば、自分が思うほど山崎さんの人生には大きな影響がない可能性もあります。もし付き合うのが嫌なのに『親だから面倒見ないといけない』という気持ちがあって無下にできないのなら、一時的に距離を置いて、介護や看護が必要になった時にもう一度距離感を考え直すという手もあるでしょう」

 親といっても、人間としては全く別物。切り離して考えることで、少し楽になれるのかもしれません。


<三凛さとし 取材・文/女子SPA!編集部>


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

まいどなニュース:2022年12月13日掲載

親の悩みは尽きない…「成人した子ども」に悩む母親は半数超
「実家を出ようとしない」「恋人がいない」


いくつになっても子どもへの心配や悩みは尽きませんよね ※画像はイメージです(taka/stock.adobe.com)

いくつになっても子どもの心配をするのが親心ですよね。そこで、20歳以上の子どもがいる全国の45歳~64歳の母親1569人に「成人した子どもに関する悩み」について調査をしたところ、半数超の人が「成人した子どもに関する悩みがある」と回答しました。また、具体的な悩みとしては、「結婚しない」「恋人がいない」などに回答が集まったそうです。

合同会社serendipity(東京都渋谷区)が、2022年11月にインターネット上にて実施した調査です。

成人した子どもに関する悩みについて(出典:合同会社serendipity 調べ)

すでに成人した子どもを持つ母親に「その子どもに関する悩みはありますか」と聞いたところ、53.0%の人が「ある」と回答しました。

具体的な悩みについては、「結婚しない」(32.4%)、「恋人がいない」(31.3%)、「実家を出ようとしない」(14.7%)、「定職に就かない」(12.6%)といった回答が上位に挙げられたほか、「しゃべらない」(6.3%)、「引きこもっている」(6.0%)、「お金を無心してくる」(5.0%)などの悩みを抱えている人もみられたそうです。

未成年期のあなた自身と両親との関係はどのような状況だったか(出典:合同会社serendipity 調べ)

次に、「未成年期のあなた自身と両親との関係はどのような状況でしたか」と聞いたところ、悩みの有無に関係なく「母親と仲が良かった・好きだった」(悩みあり38.7%、悩みなし50.0%)が最多に。

また、「悩みがある母親」の次点は「厳しかった」(悩みあり30.0%、悩みなし25.2%)で、「悩みがない母親」の次点は「父親と仲が良かった・好きだった」(悩みあり29.6%、悩みなし43.0%)が続き、悩みがある母親とない母親とでは、自身の母親・父親と良好な関係であったかに関してどちらも10ptの差があったそうです。

「成人しても母親を悩ます子ども」について、親子関係心理学の専門家の三凛さとしさんは以下のように解説しています。

▽なぜ、こんな傾向が出るのか?

【1:親と同じことをやってしまっている】

 心理学や精神医学の権威エリックバーンは「子どもは親のテープレコーダーだ」という言葉を残しています。これは、子どもにとって親は一番身近な見本であり、親の言動や生き様をデフォルトとして取り入れるという意味です。
 両親との関係において傷つけられたり苦しめられたりした人は、自分が親になった時に自分の親と同じような姿勢で(つまり親のテープレコーダーになって)子どもに接してしまい、負の連鎖が起きやすいということが今回のアンケート結果にも表れています。育ち方は、育て方の雛形と言えるのかもしれません。

【2:自分自身が両親から「愛されなかった」と感じているから、その表現方法がわからない】

 親から愛情を十分に注いでもらえなかったと感じる人は、自分自身が満たされていないまま、また健全な愛情表現がわからないまま大人になります。そもそも自分自身が満たされていないと、他者に健全な愛情を注ぐような心の余裕も持てないですよね。自分自身の親との関係で満たされなかった心の傷が、自分の子育てにも影響してしまうということです。
 過干渉、ネグレクト、またそこまでいかなかったとしても「気持ちを無視した強制」を受けた子どもは、親への復讐として不幸を選ぶようにもなります。幸せになってしまったり成功してしまったりしてしまうと「自分の親の教育は正しかった」ということになってしまうからです。それが、引きこもりや定職に就かない、人生をサボタージュ(破壊)してしまう行為に繋がるというような背景もこの調査結果からは垣間見えます。

▽成人した子どもについての悩みはどうすれば乗り越えられる?

【1:子どもの人生と自分の人生を切り分ける】

 子どもが成人した後も子どもの人生について悩む方の多くは、子離れができていません。どこか「子どもの人生は私の人生」だと思っている方が多いです。
 しかし、世界に目を向けてみると、「子どもの人生は私の人生」だと捉える文化の方が稀で、特に欧米では理解されない考え方です。子どもが成人してもどこかで「この子の人生の責任は、親である自分にある」と信じて生活していると、言動の随所からそれが子どもにも伝わります。
 子どもも「自分の人生の責任は、親にある」という意識を持ってしまい、自分の人生の責任を自分で取れない人になってしまいます。親の方が「本人の人生の責任は、本人にしか取れない」ということに気づくと日頃の接し方も変わり、子どもは本当の意味で自立していくようになります。

【2:本当の意味で信じる】

 子どもが成人してもまだ子どもの人生についてヤキモキする根本的な理由は、子どものことを心から信じられていないからです。この子はきっと自立できない、生き方が危なっかしい、この子は無力だというように、親が子どものポテンシャルを100%信じられていないから悩むわけです。
 自分の子どもを心底信じられていないというのは、必ず子どもにも伝わります。それこそ、子どもが成人する前の子育て中も、ずっとそれが言動の端々から伝わっていたはずです。親から信じられていないと子どもは自己肯定感を高く保てず、親の信念通り「自分は無力な存在だ」という自己イメージを持つことになります。今日からでも、自分自身の子どもの人生を心底信じてみてください。すると、子どもへの声かけや態度も変わり、子どもの意識も徐々に変わっていくはずです。

【3:親自身がイキイキと幸せに生きる】

 「子どもは親のテープレコーダー」なので、親が人生に遠慮して小さくまとまろうとすると、子どもはその背中を見て同じように人生に遠慮し、パッとしない「我慢の人生」を送るようになります。
 実際私も、親が不幸せそうに苦労している姿を見て育った子ども時代は「人生ってそんなもんなんだ。期待できないな」と感じていたものです。しかしそのあと、親が自分の好きなことや熱中できることを見つけて幸せに生きはじめた頃から「人生って楽しいものなのかも?前向きにチャレンジすれば、道は開けるものなのかもしれない」という人生観に変わっていきました。親自身がやりたいことを我慢せず、楽しく幸せに生きる姿を背中で見せることで、子どもも必ずそれを真似して前向きに生きるようになります。

◆三凛さとし(さんりん・さとし)ライフコーチ。親子関係心理学の専門家。米NY州立大学卒業。

   ◇  ◇

【出典】
▽合同会社serendipity調べ


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

J-CASTウォッチ:2022年11月20日掲載

不倫のしやすさは生まれ順で決まる?
長子・中間子・末っ子・一人っ子の不倫事情


 長子、中間子、末っ子、一人っ子。「長子は真面目」「末っ子は要領がいい」などの性格あるあるはよく聞くが、なんと「不倫のしやすさ」も生まれ順に左右されていた!?

 「生まれ順による不倫傾向」を調査したのは、『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』(KADOKAWA)の著者で、パートナーシップの心理に詳しい”ライフコーチ”の三凛(さんりん)さとしさん。最も不倫をしている生まれ順は、果たして……?

三凛さとしさん

調査概要は以下の通り。

調査期間:2022年10月27日~28日
調査手法:インターネット調査
調査対象: 35歳以上60歳未満の女性全国
有効回答者数:3000人
調査機関:Freeasy

 回答した3000人のうち、長子が44.3%と最多で、末っ子は31.4%、中間子は14.4%、一人っ子は9.9%だった。

 「成人(20歳)になるまでの両親の関係は良かったか?」という質問には、どの生まれ順も過半数が両親の仲は良かったと答えたが、長子72.3%に対して一人っ子51.9%という差はあった。

(合同会社serendipity 調べ)

 いよいよ本題だ。「不倫の経験はあるか?」を尋ねると、不倫の経験が最も多かったのは「両親の仲が悪かった長子」(25.3%)だった。またどの生まれ順でも、「両親の仲が悪かった」と回答した人の方が、「両親の仲が良かった」と回答した人よりも不倫率が高かった。さらに、一人っ子は他の生まれ順に比べて不倫率が低い結果となった。

(合同会社serendipity 調べ)

一人っ子が不倫しにくいのは
競争相手がいなかったから

 著書『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』で、「人生の9割は『親との関係』で決まる」と説いている三凛さん。この結果をどのように見たのだろうか?

 まず、なぜ両親の仲が悪い家庭で育つと不倫しやすくなるのか。三凛さんは、「①安心不足に陥る」「②円満なパートナーシップの形がわからない」という2つの理由を挙げている。

 まずは、①安心不足に陥るについて。両親の仲が悪い様子を見ると、その子どもにとって家庭は、穏やかに過ごせる安心できる場所ではなくなってしまいます。これは私自身のカウンセリングの経験則になりますが、子ども時代にこのような経験をすると、どんな形であれ、恋人がいてくれることでの安心感を求めてしまうようになるので、それがたとえ不倫であったとしても、関係を止めることに抵抗を感じるという方は少なくありません。

 また、②円満なパートナーシップの形がわからないという部分ですが、幼少期に見聞きした両親の関係がその人にとってのパートナーシップのスタンダードになるので、両親の仲が悪かった場合、そもそもパートナーシップに円満で幸せなイメージを持てないまま大人になることになります。全ての不倫が不幸せだとは言いませんが、やはり普通の恋愛に比べると困難は多いはずです。そんな困難な関係を自ら受け入れてしまうのも、両親の関係を見ることで、元々パートナーシップや恋愛は困難なんだというイメージがあるからではないでしょうか。

さらに、一人っ子が他の生まれ順に比べて不倫しにくい理由は、「家庭内に競う相手がいるかいないか」の違いだと分析する。

 不倫をするということは、相手に自分以外のパートナーがいる中で関係を持つということですので、これは家庭内で「きょうだいと競争する」ということと本質的には同じです。一人っ子は、家庭内においてはもともと幼少期から誰かと競争をする環境にないため、あまりわからない感覚かもしれませんが、きょうだいが居る人にとっては、「自分よりもきょうだいの方が愛されているのでは?」と心配になったり、「きょうだいと比べて自分の方を贔屓してほしい!」という欲求不満を感じたりしたことはあったはずです。

 不倫のしやすさにも、「親との関係」が関わっている、ということのようだ。さて、あなたはこの調査結果をどう見る?

 『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』では、恋愛のほか、お金の問題にも「親との関係」が影響しているメカニズムを解説。さらに、親の呪縛を断ち切る「親捨て」のメソッドを紹介している。


■三凛さとし(さんりん・さとし)さん
ライフコーチ。親子関係心理学の専門家。米NY州立大学卒業。家庭内トラウマによる生きづらさを抱えるアダルトチルドレンをセルフコーチングで克服。その経験から、才能開花や経済的成功、パートナーシップ改善を指南する自己改革プログラムを開発し、9万人以上の人生好転をサポート。SNSやオンラインスクールを通じ、お金・時間・場所の自由、そして人間関係と心身の健康の充実を実現する方法を発信中。世界的企業家イーロン・マスクの母、メイ・マスクの子育てについての日本初講演会にて、インタビュアーに抜擢される。


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

女子SPA!:2022年11月15日掲載

“つらい”恋愛ばかりしてしまう人の共通点。
サクッと抜け出すカギは幼少期にあり


 恋愛は人生をバラ色に見せてくれる時もある反面、ストレスの要因にもなります。なぜか恋愛がうまくいかない、つらい恋愛になりやすいという自覚がある方もいるかもしれません。

写真はイメージです。(以下同じ)

 親子関係心理学の専門家で、コーチングやコンサルティングをしている三凛さとしさんによると、つらい恋愛にハマる人には、子どもの頃の親子関係に問題があるのだそう。著書『親子の法則人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』でも、人格形成における親の影響力を説いています。

 そこで三凛さんに、子ども時代の闇を癒やし、つらい恋愛にハマらないコツを聞いてみました。

恋愛で感じる「つらい」は、幼少期の経験が要因

 相手からないがしろにされているような感覚があると、恋愛がつらく感じますよね。この感覚が「幼少期の親子関係」につながっているのだとか。どんなことが起こると、つらい恋愛にハマる傾向が出てくるのでしょうか。

「つらい恋愛にハマる人の要因は、親子関係に起因されていることが多いです。話を聞いてもらえなかった、かまってもらえなかったなど、親にないがしろにされた経験を引きずっていて、今起きている現象に投影してしまうと考えられます」

 虐待やネグレクトといった痛ましい経験はもちろんですが、親がたまたま忙しい時に一瞬話を聞いてくれなかった、といったちょっとした対応でも、その時の自分が傷ついてしまうと、無意識の中にもその傷は残ってしまうのだそう。

彼に愛されていないと感じてしまうワケ

「例えば、今付き合っている彼が『気持ちを分かってくれないから愛されていない』と悩んでいる人がいたとします。実際、他人が自分の気持ちを完全に理解するのは難しく、気持ちを分かることが、愛情の度合いを表すわけでもありません。

 でも、子どもの頃に親に気持ちを分かってもらえなかった、といったつらい気持ちを経験すると『気持ちを分かってもらえない=愛されていない』と考えてしまうんですね」

 つまり、つらい恋愛は自分自身の中にある意識が、つらくしてしまっているかもしれないのです。

愛されていない証拠集めはやめよう

では、どうすれば幼少期に受けたつらい経験を手放すことができるのでしょうか。

「そのつらい経験と『愛されていない』ということを、紐づけるのをやめましょう。今大人になった自分で、本当にそうだったのか、それも愛だったのではないのか、と捉え方を変えていくんです」

「愛されていない証拠集め」をやめて、「実はそうじゃなく、むしろ愛だったんだ」と考え方を変えることで、自分が作ったつらい意識を変えていくのだそう。

のろけ話が恋愛の意識を変える?!

 また、良い恋愛をしている人の話を聞くことも、ポジティブに恋愛を捉えるヒントになると三凛さんは言います。

「のろけ話を聞くと、無意識にハードルが下がり、恋愛って楽しくて当たり前なんだという感覚が芽生えてきます。のろけ話をする人は、幸せの感度が高まっていて、何でも幸せな捉え方ができる状態。話を聞いて、その感度の高さを自分にインストールしてみましょう。恋愛をポジティブに捉えて、相手との関係を一つ一つ見直せば、相手の良いところや感謝できるところが見つかるものです」

 恋愛がうまくいっていないと感じている時の、他人ののろけ話はなかなか荷が重いところもありますが、まずは素直に話を聞くことが大切。相手の恋愛に対する捉え方を学ぶ気持ちで聞いてみると、すんなり入ってくるかもしれません。

何がどう「つらい」か分解してみよう

 ただ、もし今の恋愛に対して、なんとなくストレスがあっても、何がどう「つらい」のかが自分で分からないと、良い恋愛にすることがより一層難しくなってしまうのだとか。

「今『つらい』という感情がスタンダードになってしまって、自分が気づけない状態だったとしたら、心をモニタリングする必要があります。自分の感情が分からないと、他人にも話せず、相談することも難しいでしょう」

 たしかに、まずは自分のことを知らないと、他人との人間関係は築きにくくなりそうですよね。自分の感情を知っていくには、ノートとペンを使って訓練する方法があるのだそう。

自分の心のモニタリング手順

半年間、毎日ノートに自分が今何に対して、どんな感情があるのかを記して、言語化するようにしてください。例えば、会社の上司に言われた言葉に対して、自分に価値がないと感じてつらいなど、恋愛に関係ないことでも、自分の心の状態を客観的に見る訓練をしましょう。これができるようになれば、自分にとって満たされる恋愛が分かるようになります」

 自分の幸せの形がわかるようになってこそ、幸せな恋愛にたどり着けるというもの。今、自分の気持ちを敏感にキャッチできないと感じていたら、ぜひ上記のトレーニングを実践してみましょう。

 つらい恋愛を根本から変えたいなら、子どもの頃の経験を振り返り、自分と親との関係を見直してみましょう。ちょっと見方を変えるだけで、恋愛が楽しくなるかもしれません。


<三凛さとし 文/女子SPA!編集部>


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

ウィメンズヘルス:2022年11月9日掲載

風水で恋愛運アップ!
効果が期待できる縁結び神社や開運アイテムを紹介


今すぐやるべき恋愛運アップアクションとは?

Namthip Muanthongthae / Getty Images

「最近出会いがない」という方は、風水を取り入れて恋愛運アップを試してみて。この記事では素敵な男性とのご縁を願う女性に向け、引き寄せの法則コーチ・三凛さとしさんが風水の基本を解説。恋愛運アップに効果がある方法、いつも持ち歩きたいグッズなどを紹介してくれた。恋愛運アップのご利益がある神社も要チェック! 

目次

  • 風水における「恋愛運アップ」の基礎知識
  • 恋愛運アップの習慣5選
  • 恋愛運がアップする美容・ファッション
  • 恋愛運アップのご利益がある神社

風水における「恋愛運アップ」の基礎知識

“相手がいつ来てもOKな部屋”にしておく

今、好きな人や彼氏の有無に関わらず、常に自宅をキレイに整えておこう。万が一、意中の人が突然やってきても躊躇なく、自宅に上げることができる環境であることが重要。恋愛運が悪いという人は部屋が散らかっていたり、洗濯物や食器類を洗わずに溜めていたり、排水溝が汚れているなどして、急な来客には対応できないケースが多い。恋愛運をアップさせたいなら、まずは自宅をキレイにして、意中の人がいつ来てもいいように準備しておこう。

玄関+窓に注目する

すべての運気アップを司る”玄関”をキレイに整えておくことはもちろん、恋愛運アップを目指すなら、「窓」も意識して。風水では「縁は風が運んでくる」と言われているくらいなので、風が入ってくる窓が汚れていると、良縁が入ってこなかったり、せっかく入ってきても部屋にたどり着く頃には悪縁になってしまう可能性も。ぜひ、定期的に窓を磨き、曇りのないクリアな状態をキープして。

Maria Korneeva / Getty Images

恋愛運アップの習慣5選

1.毎朝、ベッドメイキングをする

朝は時間に追われ、ベッドリネンはぐちゃぐちゃ、脱いだパジャマを置きっぱなし……なんてことはない? でも、そんな悪しき習慣は卒業し、毎朝必ずベッドメイキングを行って。この行動でベッドも心も整い、恋愛運アップにつながる。また、朝の空気は浄化作用があるので、換気も忘れずに。さらにベッドリネンは2週間に1回くらいの頻度で洗濯をし、汗はもちろん、負のオーラと決別!  

Prostock-Studio / Getty Images

2.毎朝、鏡に向かってポジティブな言葉をかける

「愛している」「大好きだよ」「今日も可愛いね」など、ポジティブかつ自分が好きな人や彼氏に言われたい言葉を自分に言ってあげて。このとき、自分の目をしっかり見つめながら。慣れないうちは恥ずかしかったり、自分の顔を直視するのが嫌だったりするかもしれないけれど、毎日続けること。「私なんかブスだから……」と思っている人こそぜひ。この習慣で、普段から自分に言っている言葉を伝えてくれる相手に出会える可能性がアップ。

3.生花を飾る

生きているパワーを持つ生花を活けることは、恋愛運を高めるのに絶好。なぜなら、生花は女性に「感じる」という感覚を思い出させてくれるから。本来、女性は”感じる生き物”、男性は”考える生き物”なのに、現代社会では社会進出を果たす女性も男性同様に常に考えることを強いられがち。だから、花を見て、「美しい色」「いい匂い」など、感じる機会を取り戻すことで、女性としての色気がアップし、恋愛運が上昇! 枯れた状態のドライフラワーは“死”のパワーを持っているので、おすすめはしない。

4.ダマスクローズの香りをまとう

ローズ(バラ)は邪気を跳ね除けたり、女性の魅力を引き出したり、男性に女性性をアピールできる花。なかでも、「バラの女王」として古来から人々に愛されてきたダマスクローズは効果大。そんなダマスクローズの香りを活かせば、恋愛運アップが期待できる。フレグランスやボディクリーム、サシェ、アロマオイルなど、さまざまなツールでこの香りをまとって。生きているパワーを持つ生花を活けることは、恋愛運を高めるのに絶好。なぜなら、生花は女性に「感じる」という感覚を思い出させてくれるから。本来、女性は”感じる生き物”、男性は”考える生き物”なのに、現代社会では社会進出を果たす女性も男性同様に常に考えることを強いられがち。だから、花を見て、「美しい色」「いい匂い」など、感じる機会を取り戻すことで、女性としての色気がアップし、恋愛運が上昇! 枯れた状態のドライフラワーは“死”のパワーを持っているので、おすすめはしない。

I_LunaartGetty Images

5.高級な手鏡を携帯する

開運アイテムとして有名なもののひとつである「鏡」。自宅の鏡も重要だけれど、恋愛運を良くしたければ、常日頃から手鏡を持つように。鏡の背面などはプラスチックではなく、木や革などが良い。また、自分を写す鏡は常にキレイであることがマスト。鏡を磨く行動も開運アクションなので、こまめに磨こう。

恋愛運がアップする美容・ファッション

ピンク系をどこかに取り入れる

風水では、出会いに恵まれたいなら「オレンジ」、恋愛自体を楽しみたいなら「柔らかめのピンク」、恋人の有無に関わらずに結婚したいなら「サーモンピンク」を取り入れると良いと言われている。お目当てのカラーのトップスなどを着るのも良いけれど、おすすめはネイルや小物で取り入れること。これなら、ファッションの好みやTPOに影響なく、手軽に挑戦可能。

Margaryta Basarab / Getty Images

「スカート」を履いてみる

動きやすさや手取り早さから、いつもパンツを履いている人は無意識のうちに自分が女性であることを忘れがち。そんな人はぜひ、スカートを履いてみて。足捌きが女性らしくなるなどし、「女性性」を自覚することができるはず。結果、恋愛におけるセルフイメージもアップしやすくなり、素敵な恋愛の引き寄せ効果が高まる。

揺れるピアスをする

モテテクとしても有名だけれど、風水的にも「揺れる」ものは恋愛に◎。風が良い出会いを運んでくると言われているので、揺れるアイテムを身につければ、良縁に恵まれる可能性あり。取り入れやすさでいうと、揺れるデザインのピアスまたはイヤリングがおすすめ。男性の、揺れるものを目で追いかける“狩猟本能”も刺激されるはず。

恋愛運アップのご利益がある神社

「一番のおすすめは、宮城県仙台市泉区にある『二柱神社』。仙台ではとても有名で、近年では他県にお住まいの人たちからも注目されています。僕も参加者を募って、みんなで参拝に行ったこともあるほど」(三凛さん)

「二柱神社」とは?

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」、この俚謡でうたわれる滋賀県に鎮座する多賀大社の御分霊が「二柱神社」。日本国土をはじめ、天照大御神や八百万の神々を生んだ伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)をお祀りしている神社でもある。また、別名を「仁和多利大権現」といい、子どもの無病息災をお護りしてくれる「こどもの神様」としてもご利益があると伝えられている。「二柱大神」のご神徳を慕い、老若男女問わずに全国各地より安産祈願や初宮詣をはじめ、子孫守護、長寿無病息災を祈る方々が多く参拝される中、近年では良縁を願う若者の参拝も多くなり、「仙台のお多賀さん」として親しまれている。

神社・社務所住所:宮城県仙台市泉区市名坂西裏61
電話:022-372-3474

「なるほど~」と思わず納得のものから「そうなの!?」と驚きのものまで、さまざまな情報があったはず。
恋愛運アップを目指したい人はぜひ、トライしてみて。
現在、相手がいる人もいない人も素敵な恋愛ができることを祈って。

【教えてくれた人】
三凛さとし/ライフコーチ

親子関係心理学専門家、引き寄せの法則コーチ。米NY州立大学卒業。才能開花や経済的成功、パートナーシップ改善を指南する自己改革プログラムを開発。9万人以上の人生好転をサポートしている。スピリチュアルや風水に造詣が深く、YouTubeではそれらの情報も発信中。また、世界的企業家のイーロン・マスクの母であるメイ・マスクの子育てについての日本初講演会ではインタビュアーに抜擢される。著書『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』(KADOKAWA)も話題に。


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

ウィメンズヘルス:2022年11月8日掲載

風水で仕事運アップ!
すぐ取り入れられる運気を上げる方法8選


仕事運を上げるには? 風水の専門家が解説。

Klaus Vedfelt / Getty Images

仕事運をアップさせたいなら、簡単ですぐに取り入れられる風水がおすすめ。この記事では、法則コーチ・三凛さとしさんが風水の基本から仕事の運気を上げる方法を8つ紹介。インテリアに置くべきものや仕事運アップに効く色やアクションなど、できることから取り入れて。

目次

  • 風水で仕事の運気を上げよう
  • 仕事運がアップするインテリア4選
  • 仕事運がアップする習慣4選
  • このアイテムで仕事運アップ!

風水で仕事の運気を上げよう

Ezra Bailey / Getty Images

仕事環境を良くすることが大切

どの運気にも言えることだけれど、仕事運も然り。職場のオフィスでも自宅の仕事部屋でも常に仕事に集中できるような、整った環境をキープして。どの方角にデスクを置く、あの置物を置くなどを考えるよりも、よっぽど効果大! 

DavidPrahl / Getty Images

玄関は常にキレイに

オフィス、自宅共に「玄関」をキレイにしておくことは、運気アップの鉄則。仕事の良縁もキレイな玄関から入ってくるもの。だから、定期的に掃除をすること靴や傘などを出しっぱなしにしないこと扉を開けて換気をすることを守って。

仕事運がアップするインテリア4選

Thomas Barwick / Getty Images

1.仕事デスクは高さがあるものを選ぶ

在宅ワークをする人が増えた今、地べたに座ってローテーブルで仕事をする人もいるかもしれない。でも、運気は低い位置で停滞しがちだから、今すぐストップして。ハイデスクを選んで、立ってorハイチェアで作業をするのがおすすめ。世界的な一流企業ではパソコン作業も会議も立ったまま! このほうが効率良く、体に良いという調査結果も。

2.観葉植物を置く

植物は空気を浄化してくれたり、邪気を中和してくれるアイテム。また、植物を育てることは部下を育てるという行為にも共通する部分があるため、観葉植物を育てることは仕事運アップに効果的と言われている。パソコン作業をする人はパソコンの先に観葉植物を置くのがおすすめ。パソコンは「火」のエネルギーを持ち、電磁波を放っているため、人によってはパソコン作業をすると落ち着かなかったり、気が散ったりすることも。だから、パソコンの向こう側に観葉植物を置くことで、空気を中和させて。

3.紙製の収納アイテムは避ける

書類などの収納に、軽量でリーズナブルな紙製の収納ボックスなどを利用している人は多いのでは? でも、紙製のものは湿気を吸って水を溜め込んでいまいがち。湿気は風水では「衰退する気」「良くないものを引き寄せる」と言われているので、避けたいところ。そのため、木製や金属製、布製などの収納アイテムを使おう。

4.神棚を飾る

仕事がうまくいっている経営者の多くが、商売繁盛を願ってオフィスや自宅に神棚を飾っている。神棚を飾るようになると、毎日お水とお米を替えたり、ご先祖様への感謝の気持ちが生まれる。結果、仕事がうまく回り出したり、良い縁に恵まれるなどし、仕事運がアップ。最近は賃貸の壁でも傷をつけずに設置ができるもの、スタイリッシュかつコンパクトなデザインのものもあるので、ぜひ取り入れてみて。

仕事運がアップする習慣4選

PeopleImages / Getty Images

1.古い書類は捨てる

紙類は湿気を吸って水を溜め込み、悪い気を飛び込んでしまうため、徹底的に捨てること。使い終わったら、どんどん断捨離を。長期間、保管をしなくてはいけない場合はスキャンをするなどしてデジタル化を。ビジネスマンの必需品といわれる名刺もデジタル化をするなどし、決して溜め込まないように。


2.本棚や引き出しに余白を残す

仕事での良縁が入ってくるには、“余白”が必要。だから、本棚やデスクの引き出し、ファイルなどは常に余白を残しておこう。本や資料などがパンパンになる前に取捨選択をし、不要なものは処理をして。


3.通勤ルートを時々変えてみる

毎日同じルートを使っていると、どこに何があるなど環境に慣れすぎて、日常においての変化がなくなり、脳が能動的に動かなくなって、創意工夫しなくなるもの。これでは結果的に仕事がデキない人間になってしまう可能性が。そのため、月に1、2回はまったく違うルートを使ってみて。初めての道だとさまざまな情報が否応でも入ってくるため、脳への良い刺激に。変化があることは「運を動かす」ことでもあるので、新しい仕事が入ってきたり、良いアイデアが思いつくはず。


4.デスクトップは定期的に整理

本棚やデスクの引き出しなどと同様に、パソコンのデスクトップも常に“余白”が大切。また、キレイに整っていることも不可欠。だから、定期的にファイル分けや不要なデータの削除などを行おう。デスクトップだけでなく、メール機能も同じように。また、パソコンのみならず、スマホのメールや写真&動画ファイルなどの整理もぜひ。

このアイテムで仕事運アップ!

Klaus Vedfelt / Getty Images

高見えする洋服を着る

実際に高い洋服を買えなくてもOK。ポイントは「高く見えること」。高見えする洋服を着ることできちんとした印象を与え、「この人、仕事ができそう!」と思ってもらえる確率は自ずとアップ。世間でよく聞く「人は見た目が9割」という言葉はあながち間違いではないから、騙されたと思って取り入れてみて。


高級な腕時計をする

洋服は高価ではなく高見えするだけでも良いけれど、時計は実際に上質なものを身につけることが大切。「仕事ができそう」「高収入そう」などのイメージを植え付けられるのはもちろん、ハイクラスの時計を頑張って買うことで、「仕事をもっと頑張ろう!」と気合が入ったり、モチベーションが上がったり、自分を鼓舞できることにより結果的に仕事運がアップ。女性の場合は「指輪やブレスレットでもいい?」という意見が時々聞かれるけれど、ここは男女ともにビジネスツールの印象が強い「時計」がおすすめ。

仕事運アップにできることは意外と多いことが判明! 会社で仕事中でも在宅ワーク中でもできることはいろいろあるから、状況に応じて取り入れてみよう。「最近、仕事でついていない」「昇進したいのにチャンスに恵まれない」「良い企画が思いつかない」なんていう人の一助になるかも!? 

【教えてくれた人】
三凛さとし/ライフコーチ

親子関係心理学専門家、引き寄せの法則コーチ。米NY州立大学卒業。才能開花や経済的成功、パートナーシップ改善を指南する自己改革プログラムを開発。9万人以上の人生好転をサポートしている。スピリチュアルや風水に造詣が深く、YouTubeではそれらの情報も発信中。また、世界的企業家のイーロン・マスクの母であるメイ・マスクの子育てについての日本初講演会ではインタビュアーに抜擢される。著書『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』(KADOKAWA)も話題に。


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

ウィメンズヘルス:2022年11月6日掲載

【2022最新】風水で金運上昇!
金運をアップさせる財布や取り入れたい習慣などをチェック


今すぐ試したい金運アップテクニックを解説。

Yuichiro Chino / Getty Images

「金運上昇のためには黄色の財布を使うといい」など、多くの人が取り入れている“風水”。この記事では引き寄せの法則コーチ・三凛さとしさんが金運をアップさせる財布の選び方や日常の習慣、金運アップのご利益がある神社やパワースポットなどを紹介。ひとつずつ実行に移して、金運を引き寄せよう。

目次

  • 風水における「金運」とは?
  • 金運アップアイテム3選
  • 金運を上げるインテリア3選
  • 金運を上げる習慣3選
  • 金運がアップする神社・パワースポット

風水における「金運」とは?

Constantine Johnny / Getty Images

仕事環境を良くすることが大切

「風水というと、何かを置く、移動させる、方角を気にするなどに注力しがち。でも、実はそういったことよりも、シンプルに『キレイであるかどうか』が一番重要。散らかっていたり、汚れている場所で、風水を取り入れても効果は得られない、または半減することを覚えておいて」(「」内・三凛さん、以下省略)

「玄関」はすべての運気アップの要

「風水では、運気を取り込み、悪い気を締め出す大切な場所と言われている”玄関”。運気全体に大きく関わるため、風水的に最も重視されています。とりわけ、金運との繋がりが強いのです。他の場所をどんなにキレイにしても、玄関が汚れていると、金運アップとは縁遠くなってしまうので注意して」

金運はキッチンとお風呂場がカギ

「金運アップには”水回り”がポイント。だから、キッチンお風呂は常にキレイな状態を維持して。トイレも水回りのカテゴリーに入るものの、重要度としてはキッチンとお風呂が上位です」

床面積を広くキープ

「部屋の広さに関係なく、床面積が広いことが大切。荷物を置いたり、ゴミなどを散らかして、見えている床が狭くなっている場合は金運がダウンしているはず。ドイツの心理学者が行った研究で、『家の床面積が広いほど、高収入である』という結果が出ていることからも、床面積と収入が比例していることは明らか。だから、普段から床を物で埋めないように片付けをすることが大切です」

金運アップアイテム3選

Cn0ra / Getty Images

1.財布選びにはこだわる

専用財布を3つ持ち

「中国の古来思想『五行思想』で考えると、お札は『木』、小銭は『金』、カード類(プラスチック)は『火』のパワー。それぞれが違うパワーなので、同じ場所に入れておくと喧嘩をしてしまう。だから、お札、小銭、カードごとに専用財布を用意するのがベスト。分けることで、金運ダウンをもたらす財布がパンパンになることも回避できます」

ちょっと背伸びしたお高めの財布を

「『財布と年収200倍の法則』を知っていますか? この法則は、『愛用している財布の値段×200倍が持ち主の年収』ということを表しています。実際、お金持ちな人たちは高級財布を愛用しているケースが多い。そんな傾向をもとにおすすめしたいのが、理想の年収÷200の値段の財布を使うこと。例えば、年収1,000万円が欲しいなら、5万円の財布を買うということです。『いつもより少し値が張るなぁ』と少々躊躇する人もいるかもしれませんが、少し背伸びをするということが金運アップにつながることを忘れないで。ちなみに必ず、一年に一回買い替える必要はないけれど、傷んできたら新しいものにチェンジし、常にキレイな状態をキープしましょう」

■ 財布の色はブラック・ベージュ・グリーンで

「金運カラーといえば、『黄色』が定番だけれど、実は黄色の財布はお金の出入りが激しくなりがち。そのため、色にこだわるなら、ブラック・ベージュ・グリーンのどれかを選ぶのがおすすめ。ブラックは浪費を抑える効果があり、お金が貯まりやすいと言われている。ベージュは「安定」の色であり、土をイメージさせるブラウントーンのひとつ。風水では『金は土から生まれる』と言われているくらいなので、金運効果が期待できる。グリーンはお金が増えるというより、お金を稼ぐ才能の開花などに力を貸してくれるパワーがありますよ」

2.上質なTシャツを買う

「お金が巡ってくる人=お金持ちの行動を真似することは金運アップに有効。例えば、10万円のTシャツを買うこと。『ドレスアップ用のワンピースにお金をかけるならまだしも、日常使いのTシャツになぜ10万円も!?』と思う人もいるはず。でも、10万円のTシャツを買って実際に着てみてこそ、お金持ちの気持ちがわかるもの。ただし、『高い買い物をしすぎてお金がない』と本末転倒にならないよう、借金やローンなどで買うのではなく、貯金またはこのためにお金を貯めて購入しましょう」


3.陶器や金属の器を使う

「破損防止にプラスチック製の器を使っている人は意外と多いかもしれません。でも、金運アップには、『金』を生み出すエネルギーを持つ陶器製または『金』そのもののエネルギーを持つ金属製の器を。そもそも、『食べる』ことは豊かさを表す行為と言われ、また、流通が未発展の昔は大きい器にいろんな食材を入れて運んだり、盛り付けて客人に出すことが富の象徴と考えられていたのです。だから、素材にこだわり、さらに大きいサイズを選ぶことも重要になります」

金運を上げるインテリア3選

ArchiViz / Getty Images

1.高級家具をひとつだけでも置く

「ひとつだけで良いので、自分にとって少し背伸びをしてゲットした“高級な家具”を家の目立つところに置くようにしてみましょう。机でも、棚でも、椅子でも、ソファでも何でもOKですが、普段からよく触れ、よく見る家具がおすすめ。たったひとつでも良いものを置くだけで、“上質なものを使っている自分”という自己イメージを持つことができ、自分自身のことを高級なものが似合う豊かな存在だと感じることができます。金運は自分の存在の認識次第で決まる部分があるので、無理する必要まではなくても、豊かになりたいのであれば、“背伸び”はむしろどんどんするべき」


2.紙製やプラスチック製の収納アイテムを避ける

「軽量で扱いやすいと人気の紙製の収納ボックス。でも、紙は湿気、つまり『水』を含む素材。水は負のオーラを招くので、風水的には避けたいところ。洋服などをしまう収納ケースも『火』のエネルギーを持つプラスチック製はおすすめできない。使うなら、天然素材(木やラタンなど)やワイヤーを使ったバスケット、スチールラックなどを選びましょう」


3.観葉植物を置く

「観葉植物は生きたエネルギーを放ち、空気を中和してくれたり、気の流れをよくしてくれる存在。たくさんではなく、1、2個で十分なので、金運に大きく関わる玄関やキッチンに置いて。この際、鉢はプラスチックではなく、陶器やラタン製だとより良いでしょう」

金運を上げる習慣3選

alvarez / Getty Images

1.ホテルのラウンジでお茶をする

「これは、高価なTシャツを買ってお金持ちの気分を味わってみるのと同じようなこと。お金に恵まれている人たちがよく行く場所に足を運ぶことは、お金を引き寄せる効果があります。そこでおすすめなのがホテルのラウンジ。ドリンク1杯が1,000円以上など、少し高く感じる人もいるかもしれないけれど、味わいのみならず、高級なインテリア、丁重な接客、そこに流れる空気感やハイクラスなお客さまの会話などに実際に触れることは、得るものが多いでしょう」


2.チップや寄付を積極的に行う

「タクシーに乗ったらチップを渡す、店頭の寄附金箱に手持ちの小銭を全部入れる、1ヵ月間貯めた小銭貯金を神社のお賽銭箱に入れるなど、日頃から他人にお金を与える行為を。ポイントは、見返りを期待しないこと、そして、『これくらいなら失っても大丈夫!』と思える金額からスタートすること。なので、額は人によって500円だったり、1万円だったり。いずれにせよ、徐々に金額を上げていくと、不思議なことに年収がアップしていることに気づくかも」


3.お札を破ってみる

「『今ここで、あなたの1万円札を破ってみてください』とお願いすると、ほとんどの人が「できない」の一択です。その理由は、『そんなことをしたらバチが当たる』『神様に怒られる』というもの。でも、それは思い込みで、万が一破ってしまっても銀行に行けば他のお札に変換してもらえます。つまりお札を破けない人は、深層心理でお金に恐怖心を抱いている可能性が。そういう人はお金をなかなか上手に引き寄せられないものなのです。『お札を破る』行為は荒業でみんなにおすすめするわけではありませんが、そんな方法で自分のお金への価値観や固定概念を知ることができると覚えておいてください」

金運がアップする神社・パワースポット

Mint Images / Getty Images

弁天様(弁財天様・弁才天様)が祀ってある神社

「七福神の一柱として有名な“弁天様”は財福の神様です。そんな弁天様が祀ってある神社といえば、東京・日本橋エリアに鎮座する『小網神社』。強運厄除の神・東京銭洗い弁天の社として知られています。日本橋七福神めぐりの対象神社のひとつでも。金運のご利益や強運、厄除けの効果があるとして、連日参拝者で賑わっていますよ」


毘沙門天が祀ってあるパワースポット

「戦いを司る『武神』として有名な“毘沙門天”も、財福の神様として信仰されています。山岳修行の地であり、牛若丸や天狗伝説が伝わる場所として有名な鞍馬山に鎮座する『鞍馬寺』も、毘沙門天に縁があるお寺。770年(宝亀1年)、鑑真和上の高弟・鑑禎上人が毘沙門天を本尊として創建したと言われているんです。金運向上、商売繁盛、厄除けなどにおすすめ」


稲荷系の神社

「金運アップには“お稲荷さん”の存在にも注目を。お稲荷さんは元々、稲作・農業の神様で、日本では3万社以上の神社が稲荷神社だと言われています。ご利益は商売繁盛を筆頭に、今では家内安全、厄除けなどの生活全般まで。京都市伏見区深草にある『伏見稲荷大社』は金運アップの神様として、全国にお祀りされている稲荷神社の総本宮です。境内には至るところに稲荷大神のお使いである狐の像が。朱塗りの“千本鳥居”も有名。金運アップを願い、日本全国の企業が参拝しているとも言われています」

どうだった? すぐに挑戦できる金運アップのテクはもちろん、お金に好かれるための一生もののお役立ち情報が知れたはず。今日からひとつでも多く取り入れ、2022年の残りの日々を金運アップに励んでみて。何かと出費が多くなる年末に向け、お金周りを見直す機会にしても。

【教えてくれた人】
三凛さとし/ライフコーチ

親子関係心理学専門家、引き寄せの法則コーチ。米NY州立大学卒業。才能開花や経済的成功、パートナーシップ改善を指南する自己改革プログラムを開発。9万人以上の人生好転をサポートしている。スピリチュアルや風水に造詣が深く、YouTubeではそれらの情報も発信中。また、世界的企業家のイーロン・マスクの母であるメイ・マスクの子育てについての日本初講演会ではインタビュアーに抜擢される。著書『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』(KADOKAWA)も話題に。


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

ダ・ヴィンチWeb:2022年11月1日掲載

男運が悪い、“ダメンズ”を引き寄せ続ける…大人になってからの男女の関係性にも両親の影響が?/親子の法則


 知らず知らずのうちに「自分の限界」を決めてしまうことはありませんか? 自己肯定感が低い、欠落感を抱えている、主体性を持てない…それはもしかしたら、親からの刷り込みによる「親ブロック」があなたを縛っているからかも?

 三凛さとし著の『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』は、親との関係がうまくいかない人、親からの抑圧に苦しんできた人に、親に対する偏見を取り除き、親を客観視できるようになる「親捨て」ワークを提案します。親子関係を見直すことで本来の自分を取り戻し、自由に生きるためのヒントを与えてくれる1冊です。

 過度に他人の意見に惑わされる、自分以外の人がうらやましく感じる人は、親との関係が影響している可能性も――。

※本作品は三凛さとし著の書籍『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』から一部抜粋・編集しました

恋愛運が悪い

 パートナーシップには、両親との関係がダイレクトに反映されると言っても過言ではありません。

 特に、女性の「男運が悪い」という嘆きをよく聞きますが(あくまでも個人的な感想です)、それも無理がないかなとも思います。

 というのも、2021年に世界経済フォーラムが公表したジェンダー・ギャップ指数(男女格差を数値化したもの)で、日本は世界153か国中120位。まったくもって不名誉なことですが、日本は先進国の中でもトップクラスの「男女差別の強い国」だという現実があります。

 実際に知人の女性たちから、「ワンマンな父親が母親を虐げる姿を日常的に見てきた」という話をずいぶんと聞きました。

 「虐げる」というのは、なぐったり蹴ったりなどの暴力だけではありません。父親が母親をバカにする言動を取っていたとか、自分だけ好き放題して母親に苦労をかけてばかりいたというのも、父親による母親への精神的虐待、モラルハラスメントです。

 また、父親が全然働かなかったり、働いていたとしても稼ぎが極端に少なかったりなど、ふがいないタイプの場合も、いわゆる「ダメンズ」を引き寄せ続ける原因になったりします。

 そんなふうに「苦労される父&苦労している母」の姿を見続けているうちに、男女の関係性について「男性は女性につらくあたるものだ」「女性は常に被害者になる」というイメージを持つようになり、自分が大人になった時に同じような現実に甘んじてしまう事が多いように感じます。

 男性の場合は、母親との折り合いが悪いと、女性に対して苦手意識や嫌悪感をもつという形で現れやすいようです。

他人の言動に左右されてしまう

 自分では「こう」と思っても、ほかの人から「そうじゃなくて、○○なんじゃない?」と言われると、自分が間違っているのかもしれないと考えがグラつくことはありませんか?

 また、自分だけが損をしていて、自分だけが思ったように人生が回っていかないように感じられ、ほかの人がうらやましくなることはないでしょうか?

 誰しも多かれ少なかれ、ほかの人の意見に惑わされたり、うらやましく感じたりすることはあるでしょう。しかし度が過ぎている場合は、親との関係が影響している可能性が高くなります。

 たとえば、親が絶大な権力を行使して、子どもである自分を支配下に置いていたようなケースです。

「こうして親の言うことを素直に聞いていれば、間違いないのだから」と正解はすべて親が持っていると言わんばかり。それに従わされる人生を送ってきてしまうと、大人になったときに、自分で考え、自分で人生を選択して行動することが難しくなってしまいます。

 そうなると、自分の人生が自分のものでないような感じがつきまとい、自分に自信を持つことができません。

 そのため、過度に他人の意見に惑わされたり、自分だけが損をしているような気持ちになり、自分以外の人がうらやましく感じられたりするようになっていきます。

私たちは想像以上に親の影響を受けている

 このように詳しく見て見ると、「親の影響がいかに大きいか」を改めて考えさせられます。

 親の影響が絶大なのは、子どもにとってもっとも身近で、もっとも頼りになる存在であるということと、一緒に過ごす時間が長いことが関係しています。

 一般的には高校を卒業するくらいまで、経済面も含めて親が全面的に子どもの面倒を見る期間が続きます。

 つまり、子どもにとっては18年もの間、日々、親の話す内容が耳に入り、親の行動を目にする状況が続くということになります。当然のことながら、その影響は絶大なものです。

 また、日々の生活の中での親子の関わりが、子どもにとってのコミュニケーションの原点となっていきます。

 家庭はある意味、閉ざされた世界でもあります。そもそも偶然に見てしまうか、故意にのぞき見するかしない限り、よその家庭のありのままの姿を目にする機会はまずありません。

 自分の親以外の人は、どういう親でしょうか?

 子どもとどう関わっているのでしょうか?

 詳しい部分は知りようがないのです。

 こうして家庭という閉ざされた場所で、自分の親を基準として人格が形成されていくわけです。問題は親の価値観や先入観を引き継いでしまい、知らず知らずのうちに自分の中でさまざまな制限をかけ、自分で自分を生きづらくしていることです。

 前述のとおり、これを私は「親ブロック」と呼んでいます。

 親から自立していくための第一歩は、どういう部分で自分に「親ブロック」がかかっているかを知ることです。

<続きは本書でお楽しみください>


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。

ダ・ヴィンチWeb:2022年10月31日掲載

「自由になることに罪悪感が…」もしかして、親があなたの“監視役”として心の中に存在している!?/親子の法則


 知らず知らずのうちに「自分の限界」を決めてしまうことはありませんか? 自己肯定感が低い、欠落感を抱えている、主体性を持てない…それはもしかしたら、親からの刷り込みによる「親ブロック」があなたを縛っているからかも?

 三凛さとし著の『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』は、親との関係がうまくいかない人、親からの抑圧に苦しんできた人に、親に対する偏見を取り除き、親を客観視できるようになる「親捨て」ワークを提案します。親子関係を見直すことで本来の自分を取り戻し、自由に生きるためのヒントを与えてくれる1冊です。

「親が正しい、自分は間違っている」。どこかにそんな思いが根付いてしまっていませんか?

※本作品は三凛さとし著の書籍『親子の法則 人生の悩みが消える「親捨て」のススメ』から一部抜粋・編集しました

自由になることに罪悪感がある

 ここでいう「自由」は、おもに時間的な自由のことです。

 自分への制限が「親心を感じ取りすぎるあまりに生じたもの」とするなら、こちらは「親の生活態度を見ているうちに自然発生したもの」と言えるかもしれません。

 子どものころから親が労働に時間を捧げている姿を見続けたために、時間を自由に使える状況=遊んでいることと同じ、という思い込みがどこかにあって、親に「汗水たらして働かなければいけない」と言われるのではないか、と無意識のうちに感じているのだと思います。

 私自身、「親捨て」ができるようになる前、パソコン1つを持って仕事をしようと2か月くらい海外に出たことがあります。意気揚々と旅立ったものの、なんとも落ち着かない2か月でした。

 というのも、「自分は本当にこんなことをしていていいのだろうか」という思いがつきまとっていたからです。

当時すでにフリーランスとして独立してしばらくたっていたので、頭では「自分は自由だ」とわかっているものの、心がついていかず、罪悪感がむくむくと頭をもたげてくるのです。そのときは気づいていませんでしたが、きっと私は自分の父親が朝から晩まで働いていた姿と自分を重ね合わせていたのだと思います。

 父親が正しい、自分は間違っている……。どこかにそんな思いがあったのでしょう。

 もう10年以上前に親御さんを亡くされた方が、「いまだに『こんなことをしたら親がイヤな顔をするんじゃないか』と思ってしまうのです」と、私と同じようなことを口にされるのを聞いたこともあります。

 何歳になろうが、親が生きていようが亡くなっていようが、いつまでも親が〝監視役〟として心の中に存在している……。親子関係の根深さをかいま見る思いがします。

お金を計画的に使えない

 計画的なお金の使い方ができない人の中には、親がお金に苦労している姿を見てきたという人が少なくありません。「お金は苦労をもたらす」という思いがインストールされてしまい、お金に対して苦手意識を持っているのでしょう。

 また、親がお金に苦労している姿を見る以外にも、意外なところに原因がある場合もあります。

 たとえば、親に欲しいものをねだったときに、「そんなものは必要ないから買えない」と断られた経験です。親が子どもにその理由をきちんと伝えてくれればいいのですが、たいていの場合、突っぱねておしまいになりがちです。

 結果的に、子どもは「親が欲しいものを買ってくれなかった」という経験から、「私が欲しいものは手に入らない」と思い込むようになります。

 そして、お金を使うことに妙な罪悪感を覚えたり、「これが欲しい」と思った瞬間に「早く買わないと欲しいものがなくなってしまう!」という思いにとらわれ、見境なく手が伸びて散財したりするようになっていきます。

 また、浪費癖になる原因として、お金が原因で親同士が争ったり、お金が原因で親が苦しんだりしている姿を見たことも挙げられます。

 お金が争いや苦しみの原因となることでお金に対していいイメージが持てず、「自分の手元からなくしたい」といった心理が働き、散財してしまうのです。

 いずれのケースにも共通しているのが「お金に対して冷静な判断ができない」という点です。冷静に判断することができれば、計画性も生まれます。自分にとってのお金の使いどころもわかります。

 判断力のなさから感情だけでお金を使ってしまうことが、計画性の欠如につながっていきます。

仕事に対して積極的になれない

 仕事への取り組み方にも、親との関係が投影されます。

 親が仕事で疲弊した姿を見続けた結果、「仕事をすることは苦しいこと」としか思えなかったり、仕事が忙しいという理由でかまってもらえず寂しい思いをした経験があったり、そもそも親との関係がよくないので上司に親を重ねてしまい素直になれなかったりなど、いろいろなパターンがあります。

 その結果、「仕事で何かを達成する」という意欲が持ちづらくなっていきます。

 私の場合は父に対する恐れや怒りが根底にあったので、フリーランスになる前、新卒で会社勤めをしたときに一番苦労したのが、上司との人間関係でした。

 子どものころ、厳しかった父の前に出ると私はいつも緊張していました。

 それが無意識のうちによみがえってくるのか、上司に対してどうふるまっていいのか、わからなくなるのです。新入社員ですから、わからないことはどんどん上司に尋ねればいいし、報告すべきことはいち早く報告すべきだということは明白です。

 私自身、頭ではそのことを理解していました。しかし、心が別な動きをしてしまい、どうしても上司に対して素直に向き合うことができないのです。

 立場が上の人ほど、自分の懐に飛び込んでくる若い人をかわいく感じ、応援したくなるものだと思います。その点で私はまったくかわいげのない、何を考えているのかさっぱりわからない部下だったことでしょう。

 必然的に仕事で成果を上げることはできず、「自分は何て仕事ができないんだろう……」と劣等感が深まっていくばかりの会社員時代でした。

メンタル面のアップダウンが激しい

 感情のアップダウンが激しくて、自分で自分のことを持て余している人がいます。

 そういう人に限って、正しいか正しくないかに強いこだわりを持っていたり、白黒はっきりつけたがったりする傾向があると思いませんか?

 自分と異なった考え方や価値観を「そんなのはダメ」「私は認めない」と断罪したり、自分がいかに正しいかを延々と主張したり……。

 その陰にあるのは、親からの抑圧なのではないかと私は見ています。

 自分自身が親に抑圧されて「ああしちゃダメ」「こうしちゃダメ」と常にジャッジされ続けてきたのでしょう。

 だから自分も、他人をジャッジするのが当たり前になっているのです。

 自分が親の言いなりになってきたので、同じことを他人に求めてしまっている面もあります。他人が自分の思いどおりに動いてくれることなどあり得ないのに、それを求めてしまい、かなえられないと相手をゆるせない気持ちになります。

 自分の思いのままにならないと腹が立つので、会う人会う人「気に入らない」と感じてしまい、つき合う人が減って孤立していく傾向があります。

ルーズで自己管理がうまくできない

 自己管理ができず、ものごとをなりゆき任せにしてしまうのは、自分の人生を大切にしていないからと言えるでしょう。もっと強い言葉で言えば、自分の可能性を信じていないためです。

 考えてみてください。自分を律して時間の使い方や行動をコントロールしたり、しなければいけないことを自分で決めて継続したりできるのは、なぜでしょうか。そうすることで、自分自身の人生がよくなると信じられるからでしょう。

 逆に、なぜそれができないのかというと、「どうせ自分の人生は大したことない」「自分の能力も大したことない」「自分はちっぽけでつまらない人間だ」という思いが根底にあるからです。

 親が不用意に発する「ダメな子」「何もできない子」という言葉をそのまま受け止めて、「自分はそういうものなんだ」と思い、「ダメな自分」という自己像を作り上げてしまうのです。

 自分はちっぽけでつまらない人間なので、きちんとしたことをしても評価されないだろう、という確信に近いものを抱くようになります。

 その結果、ルーズで自己管理できない人格が形成されていくというわけです。

<第5回に続く>


※Yahoo!ニュース、マイナビ子育て等、多数のニュースサイトに掲載されました。